逗子メディスタイルクリニック

【逗子市逗子地区】
院長コメントをみる
クリニック外観クリニック外観
クリニック看板(ビル4階)クリニック看板(ビル4階)
クリニック受付クリニック受付
待合コーナー待合コーナー
更新:2016年11月8日
がんサポート漢方外来/皮膚科/美容皮膚科/形成外科/一般歯科/矯正歯科/口腔外科/インプラント対応
院長:徳永理恵
〒249-0006 神奈川県逗子市逗子1-5-4 128ビル4階
TEL:046-871-8333 FAX:046-871-8688
病床数:- 駐車場:-
メール:info@medi-style.jp
ウェブサイト:http://www.medi-style.jp/
  • 駐車場
  • バリアフリー
  • クレジットカード決済
  • 女性医師
  • 外国語対応
  • かかりつけ医の相談
診療時間
時間
9:00〜13:00
                 
14:00〜17:00
                 
【休診日】水曜、日曜祝日
【駐車場】提携駐車場がございます
診療方針
当院の治療目標は「元気になる」ことです。
美しく健康な生活のために、現代西洋医学を基盤に代替医療を取り入れ、多角的視点から医療を行っています。
専門分野
インプラント専門外来、レーザー治療、アンチエイジング再生医療
医療機器
インプラント専用オペ室、各種レーザー
健康診断
-
人間ドック
-
検診等
-
かかりつけ医のご相談
連携医療機関
東京医科歯科大学付属病院/横須賀市立市民病院
在宅医療について
-
その他
女性医師外国語対応
○(英語)
バリアフリークレジットカード
院長コメント
徳永淳二院長:徳永淳二
医師になった経緯や開業の背景について
元々、横須賀市や横浜市の日吉で勤務医として働いていました。
しかし、スウェーデンに留学していた時の経験から、西洋医療のみが医療の選択肢であるという風潮に疑問を感じており、ホメオパシーや漢方医学など、代替医療とみなされてきた伝統的医療も、患者さん一人ひとりの状態に応じて取りうる医療の選択肢にできないか、と考えて、現在のクリニックを開業しました。
逗子市は、こういった西洋医学以外の医療への理解がある人が多く、総合的な医療にとても興味があります。逗子はそういう下地のある地域だと思っています。高齢化が進む逗子ですが、医療の力で日本一、元気な街にしたいと考えています。
診療方針について
私が歯科、妻が美容皮膚科を担当しています。
二人とも、東京医科歯科大学で総合医療と専門医療を学んできました。
当院の治療目標は「元気になる」ことです。治療により、美しく健康になり元気な毎日を過ごしていただきたい。当院は、それを医学の力でサポートしていきたいと考えています。
かかりつけ医はどうのようにお考えですか?
一人ひとりの患者さんに、診療内容についてよく理解してもらうよう努めており、かかりつけ医として、日常のささいな相談にものり、それぞれのライフスタイルに合わせた提案をさせていただいています。
診療内容によって異なりますが、患者さんは週1〜2回程度通院してもらっており、リピーターが大半です。JR逗子駅前という立地ですが、口コミで患者さんが増えている状況です。
最近多い病気は?
患者さんの約9割は女性で、50〜60代の人が中心です。
そうした中で、入れ歯をインプラントにして咬めるようになった、肌のしみを取り除いた、という効果の実感できる診療をすると、女性たちは見違えるように元気になります。美しくなることで、元気になっていただいているというケースが当院においては多いですね。
高齢化社会に向けて
高齢者だからといって寝たきりで過ごしていてはいけない。
美しくなることで、家の外に出る元気を持ってもらい、それを通じて逗子の地域を活性化していきたい。日本一、元気な街づくりに挑戦したいと思います。
[院長から]
アピアランスケア(外見のケア)を行なっています。
がん治療の際付随する皮膚炎や爪の変色などを治療してQOL(生活の質)を改善します。
[提携病院]
横須賀市民病院 横須賀共済病院 横須賀うわまち病院 横浜南共済病院 東京医科歯科大学